活動のご案内

活動のご案内

活動経過報告活動経過報告

  • 3月24

    中予地区新規入会者フォローアップ研修

    日程

    10:00~12:00

    テーマ

    ウェルピア伊予で行われた研修の振り返り

    講師

    若手の会 会長 篠浦由樹

    場所

    愛媛県看護研修センター 大研修室

    グループワーク「国政へ仲間の議員を確実に送り出す為に自分たちに出来ること」

    参加者 66名

  • 2月24

    東予地区新規入会者フォローアップ研修

    日程

    10:00~12:00

    テーマ

    「看護連盟について」

    講師

    若手の会東予ブロック長 川村弘明

    場所

    西条商工会議所

    グループワーク「こんな職場だったらいいのにな」

    参加者 60名

  • 2月24

    南予地区新規入会者フォローアップ研修

    日程

    10:00~12:00

    テーマ

    「看護連盟について」

    講師

    若手の会南予ブロック長 松尾 良

    場所

    宇和パークホテル

    先輩から一言 宇和島徳洲会病院 藤岡 碧

    グループレクリエーション 〇×クイズ

    参加者 39名

  • 12月13

    新任支部長・役員・リーダー等研修会

    研修を実施しました。参加者は87名でした。この研修は毎年開催しています。新しく役割を持った方たちが少しでも活動しやすくなる事が目的の研修です。講演を2題、グリープワークを行いました。参加者間の交流も図れ、充実した研修になりました。

    • 支部長・幹事長・幹事・オブザーバーの役割についての講演
    • 熱心にグループワーク中
    • リーダーの役割についての講演
  • 12月6

    睡眠セミナー

    交代制勤務の看護師に睡眠負債を予防し、元気で看護をいていただくためのセミナーを開催しました。会員・非会員60名の参加がありました。広島から講師をお迎えしました。
    元気で、ユーモアたっぷりの講師により、楽しく理解しやすいセミナーでした。
    参加者からは、「自分の睡眠を見直すことができた」「患者さんへも使える内容だった」との意見が聞かれました。

    • 副会長による連盟の説明
    • 真剣な受講生
    • 田森雄治講師
  • 11月25

    新規入会者研修

    半日間を要して看護連盟新規入会者研修を行ないました。
    今年度からはこの研修会を2回行うことにしました。愛媛県本部主催で第1回、2回目は各支部単位で行います。
    本部主催では、吉田会長から「看護連盟の役割」について講演がありました。また、会員リーダーから「エヒメ地域リーダー育成塾に参加してみなさんに伝えたいこと」のタイトルで講演がありました。
    この他、若手のリーダーが主催となり、クイズで看護職国会議員の氏名を当てたり、今どきの高校生が使う言葉を当てたりして楽しい研修になりました。
    全参加者139名、内20歳代119名(85.6%)でした。アンケート結果から、「看護連盟の役割がよく理解できた」「代表を送るために選挙に行く」等の声が寄せられました。
    各支部単位ではこれを受けて、看護連盟への帰属意識を高めることを目的に研修を開催予定です。

    • リーダー塾参加者からの講演
    • クイズを出題する若手のリーダー
    • 真剣な表情で講演を聞く受講者
  • 11月18

    東予支部合同看護管理者研修会

    日程

    10:30~12:00

    テーマ

    看護の現状と展望 ~6年間を振り返って~

    講師

    前公益社団法人 日本看護協会会長 坂本すが先生

    場所

    十全総合病院

    参加者 60名

  • 9月29

    石田まさひろ参議議員、愛媛県南予地区施設訪問

    衆議院議員選挙の応援と「現場の声」を聞き政策に活かすため平成29年9月29日(金)、南予地区の2施設を訪問しました。
    看護職以外にも自民党支持の一般の方たちも集まっていただき総勢81名の参加でした。
    一般の方たちからは、現在の政治状況について、看護職からは看護人不足や看護記録物等の負担など切実な声がきかれました。
    石田議員はどの質問に対しても丁寧に回答されました。当初30分の予定が50分になり、ご参加のみなさまと充実した時間を共有することができました。

    夕方18時からは、連盟主催の「前厚生労働大臣塩崎恭久議員と医療・看護・介護の未来を語る会」にも参加頂きました。
    参加者101名に対し、塩崎恭久氏を力強く応援されました。
    また、坂本すが 前日本看護協会会長も 急遽 塩崎先生の応援に入られました。坂本先生が前協会長の時、医療・看護に関する施策を実現する際に塩崎厚生労働大臣に大変尽力いただいたご縁からです。
    超長寿社会を迎えつつある中、私たちが「医療・看護・介護」をどのようにとらえ進めばよいかを考える機会となるご講演をいただきました。

  • 9月8

    衆議院議員補欠選挙 愛媛県3区 白石寛樹氏の応援に行きました。

    9月8日(金)、衆議院議員あべ俊子氏と会長吉田昭枝、幹事長巻田すみ子3名で3区の施設を訪問しました。
    西条済生会病院、村上記念病院、十全総合病院(住友別子病院からも参加者有)です。

    阿部議員からまず、衆議院補欠選挙に応援をしてほしいとの依頼の言葉がありました。
    次いで、「現場の声」を看護職から聞き、それに対しての回答や意見交換をしました。

    参加してくださった看護職のみなさまは、直接「現場の声」を届けることができ、よかったと思います。

    最後に白石寛樹選挙事務所を訪問し、あべ俊子議員からの力強い応援のメッセージを伝えました。

  • 9月2

    第3回 中・四国ブロックポリナビが愛媛県今治市で開催されました。

    テーマは、「NEXT 自ら創る看護の未来」です。
    参加者241名で盛会のうち終了しました。

    石田議員から「明るい看護の未来を次世代に託すために」として講演をいただき、それを受けて「看護の未来のために」をテーマにグループワークを行いました。

    この後、石田議員、NPO法人原田氏、松山市選挙コンセルジュを務めた2人の大学生とで「若者と政治をつなぐために」をテーマにセッションを行いました。
    グループワークもセッションも参加者からいい意見が出、「看護の明るい未来」が見えるようでした。

  • 6月25

    平成29年度愛媛県看護連盟通常総会が開かれました。

    平成29年6月25日(日)
    平成29年度愛媛県看護連盟通常総会が開かれました。
    塩崎厚生労働大臣を含む国会議員3名を来賓に迎え、石田昌宏議員には特別講演をお願いしお越しいただきました。

    今年度は、総会に新しい活動報告の仕方としてスライドを使い、昨年の参議院選挙時、選挙カーで階議員が凱旋された状況を報告しました。総会に参加している会員は、興味深く見ていました。

  • 6月15

    平成29年度 日本看護連盟通常総会に参加しました。

    平成29年度 日本看護連盟通常総会に参加しました。
    代議員25名、一般20名、名誉会員2名の参加でした。

    総会の前日に、国会見学を行いました。今年代議員になる会員は、全て初めての人。
    そのため、代議員になる会員への意識付けの一環として自由民主党本部の見学をしました。その際偶然、小泉進次郎先生にお会いし、一緒に写真を撮ることが出来ました。
    「看護連盟です。」とお伝えすると、「連盟にはいつも本当にお世話になっています。ありがとうございます。」と温かいお言葉を頂戴しました。

    塩崎厚生労働大臣を表敬訪問しました。

    自由民主党本部では、「自由民主党の歴史について」担当者から説明を受けました。みんな熱心に耳を傾けていました。

    石田昌宏議員の執務室を訪ねました。議員がどのようなところで政策を考えているのかを知る機会となりました。

    衆議院会館の食堂で昼食のカレーを頂きました。地元選出の井原参議院議員が挨拶に来てくださいました。

Page Top